FC2ブログ

HICAS -播磨脳血管内治療研究会-

- Harima Intervention Conference for Artery Stenting and coiling-

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 播磨脳血管内治療研究会 学術講演会 ご報告

第13回 播磨脳血管内治療研究会 学術講演会

日時:2015年4月3日(金) 18:50~20:45
場所:イーグレひめじ 4階 姫路市国際交流センター 第1会議室
    〒670-0012 姫路市本町68番290 TEL 079-289-3443

司会 長久病院  院長  長久 公彦 先生

19:00~【症例検討】
  『内頸動脈前壁の破裂瘤に対して
              ステント併用塞栓術を施行した一例』
   兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 杉原 正浩先生

  『解離性椎骨動脈瘤破裂に対するコイル塞栓術後の
         経過中に頸部内頸動脈解離が発生した1例』
   赤穂市民病院 脳神経外科 部長 朝日 稔先生

19:40~【特別講演】
  『救急疾患に対するIVRの役割』
  神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 
   血管内治療学分野 特命教授 杉本幸司 先生

20150403

足元の悪い中では、ございましたが25名の先生方にご参加頂きました。
播磨脳血管内治療研究会は平成19年10月の発足以来、先生方にご愛顧頂いて参り長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます。
スポンサーサイト

第12回播磨脳血管内治療研究会学術講演会を開催しました

2014年4月4日(金)姫路キャッスルグランヴィリオホテルにて
第12回播磨脳血管内治療研究会を開催いたしました。
当日は、多くの先生方にご参加頂き、お礼を申し上げます。

今回の司会は兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 溝部敬先生でした。

【症例検討①】
『急性期をコイル塞栓術で治療し良好な転帰を得たMCA ruptured large aneurysmの2症例』
 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター 脳神経外科 松本直樹先生
 MCA ruptured large aneurysmと診断した75歳女性と50歳男性の症例を発表頂きました。

【症例検討②】
『腕頭動脈起始部狭窄PTAにおいて大動脈弓にステントが脱落した一例』
 兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 岡本薫学先生
 腕頭動脈狭窄症に対しPTA/stentingを行い、stentが大動脈弓部へ滑落した症例を発表頂きました。

【特別講演】
『頚動脈狭窄症治療における最近の経験』
 兵庫医科大学脳神経外科学講座・主任教授 吉村紳一先生
 評価方法、デバイスから診断学と幅広くご講演頂きました。

20140404HI-CAS圧縮

※2015年度の日程等決定いたしましたらUPいたします。


第12回播磨脳血管内治療研究会学術講演会 全プログラムが決定しました

日時:2014年日(金) 19:00~21:00
場所:姫路キャッスルグランヴィリオホテル 「松竹の間」

司会 兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 溝部 敬先生

【症例検討】
『急性期をコイル塞栓術で治療し良好な転帰を得たMCA ruptured large aneurysmの2症例』
 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター 脳神経外科  松本直樹先生
『腕頭動脈起始部狭窄PTAにおいて大動脈弓にステントが脱落した一例』
 兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 岡本薫学先生

【特別講演】
『頚動脈狭窄症治療における最近の経験』
 兵庫医科大学脳神経外科学講座 主任教授 吉村 紳一先生

先生方のご参加をお待ちしております。

Paper 『MARK study』

MARK study
観血的医療処置時の抗血栓薬の適切な管理に関する研究
著 者 国立病院機構九州医療センター脳血管・神経内科 石川 英一 他
雑 誌 名 脳卒中 35(6):425-431, 2013

背景および目的:観血的医療処置時の抗血栓薬の適切な管理に関する研究(MARK study)において,処置時の抗血栓薬管理についてアンケート調査を行った.
方法:全国の国立病院機構の病院やセンターの診療科科長を対象に郵送法で行った.
結果:抗血小板薬と比べ経口抗凝固薬は高率に中止・減量され,それぞれ全体の58%と66%であった.中止・減量時のヘパリン代替療法施行率は抗凝固薬で抗血小板薬より高い.抗血栓薬管理マニュアルがある診療科は35%に過ぎず,中止時に同意書を取得する診療科は12%であった.過去5 年間で,抗血栓薬を継続し大出血を経験した診療科は抗血小板薬,抗凝固薬いずれも8%台,抗血栓薬を中止し血栓・塞栓症を経験した診療科はいずれも約10%であった.
結論:抗血栓薬管理マニュアルの整備は約3 分の1,中止時の同意書取得率も約1 割と低く,周術期抗血栓薬管理法の確立は大きな課題である.

Paper 『CHANCE Study』

CHANCE Study
Clopidogrel with Aspirin in Acute Minor Stroke or Transient Ischemic Attack
N Engl J Med 2013;369(1):11-9
※2013年2月SCIにて発表されN Engl J Med 2013年7月4日掲載

BACKGROUND
Stroke is common during the first few weeks after a transient ischemic attack (TIA) or minor ischemic stroke. Combination therapy with clopidogrel and aspirin may provide greater protection against subsequent stroke than aspirin alone.
METHODS
In a randomized, double-blind, placebo-controlled trial conducted at 114 centers in China, we randomly assigned 5170 patients within 24 hours after the onset of minorischemic stroke or high-risk TIA to combination therapy with clopidogrel and aspirin (clopidogrel at an initial dose of 300 mg, followed by 75 mg per day for 90 days,plus aspirin at a dose of 75 mg per day for the first 21 days) or to placebo plus aspirin(75 mg per day for 90 days). All participants received open-label aspirin at a clinician-determined dose of 75 to 300 mg on day 1. The primary outcome was stroke (ischemic or hemorrhagic) during 90 days of follow-up in an intention-totreat analysis. Treatment differences were assessed with the use of a Cox proportional-hazards model, with study center as a random effect.
RESULTS
Stroke occurred in 8.2% of patients in the clopidogrel-aspirin group, as compared with 11.7% of those in the aspirin group (hazard ratio, 0.68; 95% confidence interval,0.57 to 0.81; P<0.001). Moderate or severe hemorrhage occurred in seven patients(0.3%) in the clopidogrel-aspirin group and in eight (0.3%) in the aspirin group(P=0.73); the rate of hemorrhagic stroke was 0.3% in each group.
CONCLUSIONS
Among patients with TIA or minor stroke who can be treated within 24 hours after the onset of symptoms, the combination of clopidogrel and aspirin is superior to aspirin alone for reducing the risk of stroke in the first 90 days and does not increase the risk of hemorrhage. (Funded by the Ministry of Science and Technology of the People's Republic of China; CHANCE ClinicalTrials.gov number,NCT00979589 .)

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。