HICAS -播磨脳血管内治療研究会-

- Harima Intervention Conference for Artery Stenting and coiling-

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回播磨脳血管内治療研究会学術講演会を開催しました

2014年4月4日(金)姫路キャッスルグランヴィリオホテルにて
第12回播磨脳血管内治療研究会を開催いたしました。
当日は、多くの先生方にご参加頂き、お礼を申し上げます。

今回の司会は兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 溝部敬先生でした。

【症例検討①】
『急性期をコイル塞栓術で治療し良好な転帰を得たMCA ruptured large aneurysmの2症例』
 独立行政法人国立病院機構姫路医療センター 脳神経外科 松本直樹先生
 MCA ruptured large aneurysmと診断した75歳女性と50歳男性の症例を発表頂きました。

【症例検討②】
『腕頭動脈起始部狭窄PTAにおいて大動脈弓にステントが脱落した一例』
 兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 岡本薫学先生
 腕頭動脈狭窄症に対しPTA/stentingを行い、stentが大動脈弓部へ滑落した症例を発表頂きました。

【特別講演】
『頚動脈狭窄症治療における最近の経験』
 兵庫医科大学脳神経外科学講座・主任教授 吉村紳一先生
 評価方法、デバイスから診断学と幅広くご講演頂きました。

20140404HI-CAS圧縮

※2015年度の日程等決定いたしましたらUPいたします。


スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。