HICAS -播磨脳血管内治療研究会-

- Harima Intervention Conference for Artery Stenting and coiling-

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回播磨脳血管内治療研究会学術講演会

日時:2008年4月18日(金)

場所:姫路キャッスルホテル



症例検討

司会: 姫路医療センター 脳神経外科 福田 仁 先生

【血管内治療専門医取得前の医師による初めての脳動脈瘤コイリング術】 姫路医療センター 脳神経外科 福田 仁 先生
【CCF (high flow type)の1例】姫路循環器病センター 脳神経外科 溝部 敬 先生
【当院の未破裂paraclinoid動脈瘤に対する血管内治療方針】 大西脳神経外科病院 脳神経外科 久保田 尚 先生
【症例提示】 赤穂中央病院 脳神経外科 田淵 章 先生
【Free-Floating thrombusを伴う内頚動脈狭窄に対するステント留置の一例】 長久病院 脳血管内治療部 長久 公彦 先生
特別講演
座長:姫路医療センター 脳神経外科 医長 岩崎 孝一 先生
「CASをこれから始めるために」
神戸市立医療センター 中央市民病院
脳神経外科・脳卒中センター 部長 坂井 信幸 先生

トラックバックURL

http://hicas.blog122.fc2.com/tb.php/2-5a5715aa

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。