HICAS -播磨脳血管内治療研究会-

- Harima Intervention Conference for Artery Stenting and coiling-

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Paper 『APEX Study』

APEX Study
急性期虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)に対するクロピドグレル硫酸塩の使用実態下における安全性ならびに有効性の検討

著 者 埼玉医科大学国際医療センター神経内科・脳卒中内科 棚橋 紀夫
雑 誌 名 新薬と臨牀 63(1):3-35, 2014 ※2014年1月10日掲載

目的:発症7日以内の急性期虚血性脳血管障害(心 原性脳塞栓症を除く)患者に早期投与したクロピドグレルの安全性および有効性を使用実態下において検討するため,特定使用成績調査を2011年12月から2012年12月まで実施した。
対象と方法:虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)発症後7日以内にクロピドグレルの投与を開始し,かつ過去にクロピドグレルの使用経験がない患者を調査対象とした。調査項目として,患者背景および3カ月の観察期間における安全性と有効性に関する情報を収集し,評価した。

結果:安全性解析 対象症例1046例中,副作用は32例(3.06%)に32件発現し,重篤な副作用は脳出血2例,胃腸出血および食欲減退各1例の計4例(0.38%)4件のみであった。出血性有害事象は15例(1.43%)に15件発現し,そのうち重篤な出血性有害事象は脳出血2例,出血性脳梗塞,胃腸出血および腹腔内出血各1例の計5例(0.48%)5件であった。

第12回播磨脳血管内治療研究会学術講演会

第12回 播磨脳血管内治療研究会 学術講演会 ご案内

日時:2014年日(19:00~21:00
場所:姫路キャッスルグランヴィリオホテル「松竹の間」

司会 兵庫県立姫路循環器病センター 脳神経外科 医長 溝部 敬先生

【症例検討】       
  独立行政法人国立病院機構姫路医療センター / 兵庫県立姫路循環器病センター

【特別講演】
『頚動脈狭窄症治療における最近の経験』
  兵庫医科大学脳神経外科学講座・主任教授 吉村 紳一先生

以上、万障お繰り合わせの上ご参加下さいますようお願い致します。


※これから随時更新します!どうぞよろしくお願いします。

第10回 播磨脳血管内治療研究会 記念学術講演会が開催されました

第10回播磨脳血管内治療研究会 記念学術講演会が開催されました。
今回は姫路医療センターからMERCIの使用経験、赤穂市民病院からはヘパリン起因性血小板減少症HITの話題と臨床上、非常に興味深いご発表でした。
特別講演に名古屋大から宮地先生をお迎えして、日本の血管内治療の現状と将来についてお教え頂きました。
本研究会も発足当時には姫路市内に専門医の先生が3名しかいらっしゃらず、これからの血管内治療の普及を目指して立ち上がりました。今こうして市民権を得たことで一応の役割を終えたと自負しております。
今回、記念すべき第10回を迎えることができ、御尽力頂きました先生方へ御礼申し上げます。
本年より4月第一金曜日の年1回の開催となりますが、今後とも先生方のお役にたつ研究会でありたいと考えております。

第10回 播磨脳血管内治療研究会 記念学術講演会の全プログラムが決定しました

2012年4月6日(金)19:00-21:00
於:ホテル日航姫路

Chair 赤穂市民病院 脳神経外科 部長 井坂 文章 先生
Conference
『当院で初めてMerci retrieverを使用した急性期内頚動脈塞栓症の1例』
姫路医療センター 脳神経外科 池堂 太一 先生

『ステント留置後に生じたヘパリン起因性血小板減少症の一例
-ヘパリン投与患者における管理と治療法について-
赤穂市民病院 脳神経外科 部長 堀口 聡士 先生

『椎骨動脈吻合部動脈瘤に対するステントを用いた塞栓術の一例』
長久病院 脳血管内治療部 部長 長久 公彦 先生

SPECIAL LECTURE
『我が国の脳血管内治療の歩みと展望』
名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経病態学講座 准教授 宮地 茂 先生

以上、万障お繰り合わせの上ご参加下さいますようお願い致します。

New Paperを紹介いたします。

The PROFI Study (Prevention of Cerebral Embolization by Proximal Balloon Occlusion Compared toFilter Protection During Carotid Artery Stenting)
JACC Vol. 59, No. x, 2012 http://content.onlinejacc.org/cgi/reprint/j.jacc.2011.11.035v1.pdf

Proximal Balloon Occlusion とFillter Protectionを比較したProspective Randomize 試験です。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。